DVD Flick

概要

DVD Flick とは、パソコン素人でも各種の映像(動画)ファイル等を簡単に家電のDVDプレイヤー等で再生させる事ができる、DVD-Video(DVDビデオ)を作成するフリーソフトです。

わずらわしいビデオやファイル形式等を気にする事はありません。

DVD Flick が自動処理してくれます。

MPEG、FLV、WMV、AVI など多くのフォーマットに対応してます。

各種の動画ファイル等をドラック&ドロップで簡単にDVDビデオが作成できます。

 

※日本語化パッチ適用後の初期画面です。

DVD Flickの日本語化バージョン v1.3.0.7

 

特徴

  1. フリーソフトです。
  2. 操作がとても簡単です。
  3. DVDオーサリングソフトです。
  4. どんなビデオ・ファイルもDVDに書き込みできます。
  5. 「45以上のファイル形式」のサポートし自動処理します。
  6. 「60以上のビデオコーデック」のサポートし自動処理します。
  7. 「40以上のオーディオコーデック」のサポートし自動処理します。
    注)要するに上記3点はどんなビデオファイルも扱える超便利と言う事です。
  8. 簡単にビデオメニューを追加できます。
  9. 字幕を追加できます。
    字幕ファイルの作成は他のソフトを使用します。
  10. アドウェアやスパイウェアは入っていません。
  11. 素人向けソフトです。
    でも慣れれば高機能なソフトに変身します。

 

※DVD Flick v1.3.0.7の日本語化された起動時のスプラッシュ画面
DVD Flickの日本語化 v1.3.0.7 スプラッシュ画面
 

 

 

特記

  1. 英語だけでなくその他の国の言語にも対応していますが、今は日本語未対応です。
    それまでは無償で提供されている日本語パッチを利用しましょう。
  2. DVD Flick本体は変換と編集のみの機能しかありません。
    インストール時にDVDへの書き込みに有名な ImgBurn ソフトも同時インストールします。
    DVDへの書き込みはこの ImgBurn が連携して行います。
  3. このソフトはオープンソフトです。
    世界中の人がサポートして作成されています。
  4. 最終バージョンは 1.3.0.7 です。
     
  5. DVD Flick (1.3.0.7) のソースコードも元に別の製作者 Zathor 氏が
    DVD Flick v2 (1.3.1.0) を 2015/10/25 に公開しています。
    画面も操作性も DVD Flcik (1.3.0.7) と全く同じです。
    処理速度は3割ほどアップ!
    ご検討ください。

インストールと設定、アップデート

  1. DVD Flickのインストール条件
     
  2. DVD Flickのダウンロード
     
  3. DVD Flickのインストール
     
  4. DVD Flickの日本語化(本体)
     
  5. 付属ソフトImgBurnのアップグレードの推奨
     
  6. DVD Flick 付属ソフト「ImgBurn」の日本語化
     
  7. DVD Flickに初期設定は無い
     
  8. DVD Flickのビデオメニューの日本語化

 

アンインストール

 

使用方法、又は使い方

  1. ビデオファイルからビデオDVDを作成
     
  2. ビデオファイルからメニュー付きビデオDVDを作成
     
  3. ビデオファイルをビデオDVDイメージ(ISOファイル)で保存する方法
     
  4. DVD Flick でエラー発生時の対処方法(FAQ)
     
  5. エラー時はdvdflickテキストを見る
     

 


注意事項

  1. ビデオファイル名に日本語は使えます。
    但し途中に全角のスペースがあると「プロジェクトを開く」時にエラーとなり、
    DVD Flickが強制終了
    します。
      
  2. プロジェクトファイルはテキストベースでは無いので強制修正は出来ません。
    つまりそのプロジェクトファイルは永遠に使えない事になります。
      
  3. DVD Flick自身が日本語の様な2バイトコード(=日本語)に完全対応して無いみたいなので、
    基本的にビデオファイル名は半角の英数字に変更してからの方が安全でしょう。
    ※半角のスペースは問題ありません。
      
  4. 保護付き(プロテクト)動画ファイルのダウンロードは私的使用においても違法。
    2010年1月1日施行の改正著作権法30条1項3号より:違法だが罰則は無し。
    但し、施行(2010年1月1日)以降の取り扱いの変更等に関しては未確認。
    保護無し動画ファイルのダウンロードについても違法となる場合が有るので注意。
    参考:http://www.bunka.go.jp/chosakuken/21_houkaisei.html
    この手に関する質問は受け付けません。
      
  5. DVD Flickは2009 年を最後にバージョンアップはストップしています。
    今後は以下も検討してください。

 

備考

  • 動作した解説環境:
    • Windows XP Pro + SP3
    • Windows 7 64bit + SP1

      ※Windows 8 又は 8.1 は未サポート

 


DVD Flcik のNewバージョン (1.3.1.0) の情報

 


Freemake Video Converter

 

DVD Flick と同じ様な機能を持ったソフトです。

DVD Flick でうまく出来ない時、もっと別のやり方が欲しい時など一度試して見て下さい。

 

Freemake Video Converter

 

サイト管理者の独り言

  • 2015/10/29 DVD Flick v2 (1.3.1.0) の日本語化パッチを公開 
  • 2015/05/05 レスポンシブに対応準備中
  • DVD Flickに替わるソフト「DVDStyler」を見つけました。Freemake Video ConverterはややビデオDVD作成には劣る部分がありましたが、「DVDStyler」はビデオDVD作成専用のフリーソフトです。但し、かなりクセがあるソフトで問題もかなり有るのがやっかいです。
  • DVD Flickもいいけど「Freemake Video Converter:次世代のビデオDVD,BD作成フリーソフト」も推奨します。
      
  • 2008/10/20 動作確認の処理時間が結構か掛かるのは仕方が無いかな。
  • 2009/12/10 旧サイトからこちらのドメインへの移行が完了しました。リンクの不具合は後で一括チェックする事にして・・。(汗)移動するサイトが沢山あります。
  • 2010/6/ 2  DVD Flickのバージョンはそのままですが、DVD Flickの日本語化パッチが更新(リリース2)されました。日本語化パッチのサイトのページも変わりましたので、当サイトの解説もリニューアルしました。
  • 2010/6/11 似た質問が多いので過去の質問で返答した内容のページ「DVD Flick でエラー発生時の対処方法」を作成しました。
  • 2010/9/16 DVD Flickのダウンロードサイトのダウンロード方式が変わりました。
  • 2011/01/25 同じエラーの質問が多いので例に注意事項を追加しました。

 

【更新:2015/10/29 (12版)】

FFmpeg の更新

1. 更新の内容

DVD Flick v2 (1.3.1.0) の動画等の変換を処理している FFmpeg.exe に危険度の高い脆弱性 [ぜいじゃくせい] が報告されています。公開している DVD Flick v2 (1.3.1.0) に含まれている FFmpeg.exe ( version 2.8.1 ) を version 3.2 に更新する必要が有ります。
  

2. 脆弱性の内容

詳細は悪用を防ぐために通常は公開されません。簡単ですが、以下のサイトを参照してください。※メモなので以下リンク先を必ず見る必要は特に無いです。

 

3. FFmpeg 更新バージョンのダウンロード

2016/10/08 時点での最新バージョンは 3.2 です。Windows 32bit 版をダウンロードします。

  • ダウンロードファイル : ffmpeg-3.2-win32-static.zip
  • サイズ          : 約 41.19 MB
  • ダウンロード先URL  : Builds – Zeranoe FFmpeg
FFmpeg Windows バージョンのダウンロード
FFmpeg Windows バージョンのダウンロード

ダウンロードする手順

※注意:以下の画像の各表示位置は変わる場合が有ります。

  1. 「Version」下の「x.x.x」部分をクリックします。この場合が「3.2」部分。
    「x.x.x」には最新のリリースされたバージョンが表示されます。
    「xxxxxxxxx-xxxxxxx」には開発中・公開試験中の最新バージョンが表示されます。コチラはクリックしません。
  2. 「Architecuture」下の「32bit」部分をクリックします。
  3. 「Linking」下の「Static」部分をクリックします。
  4. 最後に「Download FFmpeg」部分をクリックするとダウンロードが始まります。
FFmpeg Windows バージョンをダウンロードする手順
FFmpeg Windows バージョンをダウンロードする手順

 

※ダウンロードするファイルに関するメモ : 以下の4つは見なくてもイイです。

  • static 版 : 通常版。 <-コレを今回は使う。
  • shared 版 : 共通部分をライブラリ化してDLL にしてある。
  • dev 版 : デベロッパー向け。バイナリーは含まれてない。
  • ファイル名「~git~」 : 開発中。テスト中と言う意味か?

 

4. ダウンロードファイルの解凍

どこでもイイのでダウンロードした圧縮ファイル「ffmpeg-3.2-win32-static.zip」を解凍してください。解凍ソフトはネット上のフリーソフトで構いません。解凍方法は各ソフトの説明に従ってください。よって解凍方法は省略します。

  • パソコンで使っている解凍ソフトで試してみる。
  • ダメなら、「7z 解凍 フリー」でネット検索。
  • Lhaforge7-Zip

 

 

5. FFmpeg.exe ファイルの更新

事前に以下のファイルを別フォルダにバックアップします。

  • C:¥Program Files (x86)¥DVD Flick¥bin¥ffmpeg.exe

以下の2つのフォルダをエクスプローラーで開きます。

  1. ダウンロードした圧縮ファイル「ffmpeg-3.2-win32-static.zip」を解凍したフォルダ + [¥bin¥]
  2. DVD Flick v2 のインストールフォルダ + [¥bin¥] つまり
    C:¥Program Files (x86)¥DVD Flick¥bin¥

ダウンロードファイルの bin フォルダに有る ffmpeg.exe (サイズ:約 35.0MB)を、DVD Flick v2 のフォルダ「C:¥Program Files (x86)¥DVD Flick¥bin¥」に上書きコピーします。「¥bin¥」フォルダです、間違えないように!

FFmpeg の更新

△上記は Windows 10 での画面操作です。

 

6. 更新結果の確認

できれば以下の方法が出来る方はやって下さい。無理、出来ない、意味が判らない、と言う方は無視しても結構です。

  1. MS-DOS プロンプト画面を開きます。
  2. 「C:¥Program Files (x86)¥DVD Flick¥bin¥」フォルダに移動。
  3. 「ffmpeg -version」コマンドを入力。
  4. 以下の様に「 version 3.2 」と表示されたら、更新は完了です。
    ※注意:以下の画像は少し古いです。
    FFmpeg の更新 2.8.3  

 

最後は、DVD Flick v2 (1.3.1.0) の動作確認をしてください。問題がある場合はバックアップしておいた FFmpeg.exe  version 2.8.1 に戻してください。

注意

「FFmpeg のバージョンが2.0.x系以下でないと、MPEG2ファイルの追加ができない不具合」が「DVD Flick 勝手に日本語化」様サイトに明記されています。同不具合がある場合は一時的に ffmpeg-2.0.2-win32-static.7z のバージョン 2.0.2 の方をご使用ください。あくまでも一時的にです。

 

 

< DVD Flick v2 へ戻る >

素人でもビデオファイルを家電DVDプレイヤーで見れる、DVDを作る為の使い方