DVD Flick v2

1. 概要

DVD Flick v2 は旧 DVD Flick のバージョンアップ版です。

  1. FFmpeg (エフエフエムペグ) の最新版を使用
    FFmpeg は多くの動画と音声を変換するソフトとして使用
  2. 2パスエンコーディング機能の追加
  3. VOBファイルを入力ファイルとしてサポート
  4. 2つ以上のチャンネルを持つオーディオファイルのリサンプリングを有効
  5. 160msのデフォルトの遅延のオーディオ トラックを削除
  6. アップデート・チェック機能の停止

旧 DVD Flick (バージョン 1.3.0.7) と同じ部分

  1. 画面
  2. 操作手順
  3. ビデオメニュー画面
  4. ImgBurn を使用

画面上も操作面も全く同じ感じです。

DVD Flick v2 (バージョン 1.3.1.0) で異なる部分

  1. 各種設定の画面に追加項目が一部有り
  2. 制作者はZathor 氏に変更

配布サイト (ダウンロードのサイト) も異なります。

  • 最新の DVD Flick v2 はココ
  • 旧 DVD Flick はココ
    ↑ このサイトは2009年からバージョン 1.3.0.7 で停止

DVD Flick v2 をチョット試用した感じでは、処理が3割ほど速くなりました。
激速か!?、と期待してましたが外れました。

 

2. DVD Flick v2 のダウンロード

2015/10/28 時点での最新ファイル : dvdflick_setup_1.3.1.0.exe 約20.1 MB

以下の英語サイトが開きます。以下の場所をクリックするとダウンロードが始まります。

DVD Flick v2 (バージョン 1.3.1.0) のダウンロード

日本語サイトからのダウンロードも有りますが、最新版を入手したければ上記の英語サイトのご利用を推奨します。

 

お知らせ: 2016年02月後半から DVD Flick V2 公式・公開サイトが原因不明でたびたび消えています。ダウンロードが出来ない場合があるので、臨時のダウンロードURLを公開します。

ダウンロード  DVD Flick V2 1.3.1.0 本体 臨時ダウンロード  (20.2 MB, 作成 2016年3月7日)

基本は上記の英語サイトの「ダウンロード先」から入手してください。これは臨時です。

 

注意!
今後、複数のサイトからのダウンロードが可能になるかもしれません。しかし、悪意の有るサイトや不具合を起こす可能性が有るソフトの追加等の問題が出るかもしれません。必ず本家サイトからのダウンロードを心がけてください。(体験者談

 

 

 

3. DVD Flick v2 のインストール

旧 DVD Flick と同じです。以下に旧 DVD Flick のインストール説明があるので、これを参考にしてください。

インストールする前に:
当ページの内容を最後まで読んでからインストールを行ってください。

 

4. 日本語化パッチのダウンロード

DVD Flick v2 (バージョン 1.3.1.0) 用の日本語化パッチです。

注意事項 
当パッチの使用は全て自己責任でご利用ください。 発生した問題や損害等に関して、パッチ配布者は一切の責任や義務等を持ちません。 サポートもしません。 ご利用に問題や不満等がある場合はDVD Flick v2 を再インストールして英語版に戻してご利用下さい。
 

ダウンロード  DVD Flick V2 1.3.1.0 日本語化パッチ (R2)  (132.1 KB, 作成 2016年6月1日)

上記の日本語化パッチファイルは今後、不定期ですが更新する予定です。

 

 

5. 日本語化パッチの使い方

ダウンロードしたファイルを解凍して、EXE ファイルを DVD Flick v2 のインストールフォルダにコピーします。そして実行します。 と、書いても「できない!」と言う人が必ず出てくるので以下に詳細な手順をメモしておきます。

 

6. 付属ソフト ImgBurn のバージョンアップ

旧 DVD Flick 同様にDVD Flick v2 でも ImgBurn ソフトがインストールされます。 DVD Flick v2 本体でビデオファイルを作成した後に、この ImgBurn でISOイメージの作成とメディアへの書き込みを行います。しかし、インストールされる ImgBurn はバージョンが非常に古く、実際にトラブルも報告されています。以下を参考にして DVD Flick v2 と同時にインストールされた ImgBurn を最新版にバージョンアップしてください。 なお、以下の説明は旧 DVD Flick を対象にしていますが、DVD Flick v2 でも同様です。

  1. 付属ソフトImgBurnのアップグレード推奨
      
  2. DVD Flick 付属ソフト「ImgBurn」の日本語化

ImgBurnの日本語化は今後のエラー対処の時の事を考えてです。少し、手間ですがやりましょう。

 

7. ビデオメニューの日本語化

旧 DVD Flick と全く同じなので以下の手順を参考にしてビデオメニューを日本語化してください。必須では無いですが。

旧 DVD Flick と DVD Flick v2 のビデオメニューファイルは内容が全く同じなので、同じように日本語化が出来るはずです。(勘

 

8. FFmpeg.exe の更新

DVD Flick v2 (1.3.1.0) を使う前にインストールフォルダ下のbinフォルダに有る ffmpeg.exe を更新する必要が有ります。危険度の高い脆弱性が報告されているからです。(クドイ!

注意
「FFmpeg のバージョンが2.0.x系以下でないと、MPEG2ファイルの追加ができない不具合」が「DVD Flick 勝手に日本語化」様サイトに明記されています。同不具合がある場合は一時的に ffmpeg-2.0.2-win32-static.7z をご使用ください。

 

9. DVD Flick v2 の使い方

操作画面は旧 DVD Flick と同じなので以下の例を参考にください。

  1. ビデオファイルからビデオDVDを作成
     
  2. ビデオファイルからメニュー付きビデオDVDを作成
     
  3. ビデオファイルをビデオDVDイメージ(ISOファイル)で保存する方法
      

 

10. DVD Flick v2 への質問

DVD Flick v2 への質問は配布サイトのディスカッション・ページへお願いします。

英語サイトです。「私には無理!」と言うあなた。私はYahoo翻訳で英文にして投稿しました。それが出来ない方は自己解決するか、他のソフトを検討してください。

 

11. Windows 10 での動作について

  • 当ページはDVD Flick v2 をWindows 10 64bit 環境で説明しています。
    しかし、配布サイトにも動作環境としてWindows 10 の明記は見つかりません。
  • DVD Flick v2 のメイン・アプリケーションは10年以上前に販売もサポートも終了した Microsoft Visual Basic 6.0 開発ツールで作成されています。
    • VB6 メインストリームサポート : 2005年3月3日まで
    • VB6 延長サポート : 2008年4月8日まで
  • 但し、Microsoft はVB6のランタイム(VB6の後ろで動くプログラム)はWindows 10でもサポートするという記事が有ります。
    ”MSDN MagazineのコラムニストDavid Platt氏が「ビールを賭けてもいい。MicrosoftはWindowsが9や10になってもVisual Basic 6をサポートしなければならないだろう」と述べていた” の記事も有ります。
  • DVD Flick v2 はVB6アプリ以外に多種のアプリケーション(EXE、DLL)で構成され動作します。その多種のアプリケーションもWindows 10をサポートしてるという確証は出ないでしょう。
  • よって、たぶん動作すると思われますが、配布者からのWindows 10 サポートのアナウンスがない限り、それなりのリスクを覚悟する必要が有ります。
        

12. 備考  [も読んでネ]

  • DVD Flick v2 はほとんど試用してないので操作感は不明です!
    よってコメントに質問するのは時間のムダと思われます。  
  • コチラのページも参考にしてください。
  • 当サイトページの内容は随時変更されます。
  • 質問する前に以下を先に御覧ください。
    ココココ

 

13. 謝辞

日本語化パッチ作成には「DVD Flick 勝手に日本語化」様の内容を多く利用させて頂きました。直接では言えないので、この場でお礼を書かせて頂きます。
ありがとうございました。m(_._)m

利用させて頂いた理由は、ほとんどのサイトがソチラの日本語化パッチを利用して書かれています。よって項目の名前や翻訳した日本語文を変更すると他のサイトに影響が出ます。 
影響が無いと思われる箇所は独自翻訳です。が、9割はコピペ!です。(真顔

 

 

< TOPへ >

素人でもビデオファイルを家電DVDプレイヤーで見れる、DVDを作る為の使い方