動画のトリミング(クロップ)

概要

映像の上下左右からの距離を指定して、切り抜き(トリミング)をします。

XMedia Recode – トリミング(クロップ)の操作

使用するソフトはXMedia Recode です。特徴は

  • 無料(フリーウェア)
  • 日本語の表示
  • 対応する動画のタイプが非常に多い
  • 紹介しているサイトも多い
  • 安定してる (と言われるが、落ちる場合も有るし、変な動きも有る

 

目次

  1. 概要
  2. 目次 ※ココ
  3. XMedia Recode のインストールと初期設定
  4. 設定を開く
  5. 動画のトリミング
  6. 設定を保存
  7. INIファイルのバックアップ
  8. 備考
  9. 参考にしたサイト

XMedia Recode では「トリミング」 の事を「クロップ」と言っています。当サイトでは「トリミング」と言わせていただきます。「切り取り」と言うところも有ります。

当ページは以下を前提に書かれています。
・使用ソフト:XMedia Recode
・Windows 10 Pro 64bit
・mpg 動画をトリミングし、結果はMP4で保存

当記事ではXMedia Recode の64ビット版を使用しています。32ビット版をご使用の場合は画面上の「64bit」表示はありません。

XMedia Recode – 64ビット版を使用時のみ


  ▲目次へ戻る

XMedia Recode のインストールと初期設定

以下を御覧ください。

既にインストール済みでも上記は一度だけ見て下さい。そして、そこに書かれている様に、出来れば INIファイルのバックアップをしてください。


  ▲目次へ戻る

設定を開く

以前に正常に変換ができて、その時の設定を保存していた場合はそれを開きます。

メニューから [ファイル] -> [設定を開く] を選択します。

XMedia Recode – メニュー「 設定を開く」

この場合、この後のMP4への主要な設定が一部ですが不要になります。

注意:必ず設定が復元されるとは限りません。(経験


  ▲目次へ戻る

動画のトリミング

ココでは mpg(MPEG-2)動画ファイルをトリミング後に MP4 へ変換します。※「動画をMP4に変換

注意:他の形式に「変換」しないで無変換「コピー」を行うと、トリミングの設定は無効になります。必ず「変換」をしてください。

 

1.XMedia Recode を起動します。

XMedia Recode – 起動

※32bit版を使用の方は上記の「64bit」表示は有りません。

XMedia Recode – 起動中
XMedia Recode – 起動の完了

 

2.変換元の動画ファイルをXMedia Recode の上部にドラックします。

XMedia Recode – ファイルをドラッグ

 

3.画面の上部に動画ファイルが登録されました。

その詳細な情報が表示されます。隠れて見えない部分はマウスを当てて見えるように広げて下さい。

XMedia Recode – マウスで広げる

 

4. [形式]タブ

XMedia Recode – 「形式」タブの設定

対象の動画を選択し 、「形式」タブの以下を設定します。

  • プロファイル :「カスタム」に設定
  • 形式     :「MP4」に設定
  • ファイル拡張子:「mp4」に設定

 

5. [映像]タブ -> [一般]

XMedia Recode – 「映像」タブ – 「一般」の設定

以下に設定します。

  • レート制御モード:「品質」に設定
  • 品質      : 1.0 に設定

メモ:

  • サイズが増えた場合は「レート制御モード」=「 2-Pass平均ビットレート」+「ビットレート」=「元の動画に合わせる」にしてみるのも手かも(未確認

 

6. [映像]タブ -> [レート制御]

画面上部の動画ファイル上をマウスで右クリックします。ポップアップメニューが表示されるので「メディア情報」を選択します。

XMedia Recode – メディア情報

以下の「メディア情報」画面が、動画ファイルの詳細な情報を表示します。

XMedia Recode – メディア情報

上記の「ビットレート」 の値「5000 kbps」を以下で使います。

XMedia Recode – 「映像」タブ – 「レート制御」の設定

以下を設定します。

  • VBV バッファサイズ :「ビットレート」の「5000」kbpsに設定
  • VBV 最大ビットレート:「ビットレート」の「5000」kbpsに設定

 

7. [音声トラック1]タブ -> [一般]

XMedia Recode – 「音声トラック1」タブの設定

「ストリーム」の内容が見やすい様にマウスで広げて調整してください。

XMedia Recode – 「ストリーム」

上記「ストリーム」の内容を元に変更します。

  • サンプルレート :「ストリーム」と同じ「48000」Hz
  • チャンネル   :「ストリーム」と同じ「Stereo」
  • レート制御モード:「平均ビットレート」を選択
  • ビットレート  :「ストリーム」と同じ「224」kbps
XMedia Recode – 「音声トラック1」タブの設定

 

8.クロップ(トリミング)

1.[クロップ/プレビュー]タブ ->2の [クロップ] を選択します。そうすると画面下に「プロップ」操作の設定が表示されます。

Media Recode では「トリミング」の事を「クロップ」と言っています。

Media Recode – トリミング(クロップ)操作

2.「クロップ」に有る数値部分を変更することで、上下、左右の切り取る位置を設定できます。

Media Recode – トリミング(クロップ)操作

3.「上下を連動」をチェックすると、上の値を入れるだけで下に同じ値が設定されます。同時に下の設定は自動入力になるので灰色の操作出来ない状態に変わります。

「左右を連動」をチェックすると、左の値を入れるだけで右に同じ値が設定されます。 同時に右の設定は自動入力になるので灰色の操作出来ない状態に変わります。

Media Recode – トリミング(クロップ)操作

4. 「アスペクト比を自動調整」の使い方

以下の様に上下左右の設定をした時に画面が歪んでしまいました。

Media Recode – トリミング(クロップ)- 「アスペクト比を自動調整」操作の前

「アスペクト比を自動調整」をチェックすると 綺麗な状態になります。

Media Recode – トリミング(クロップ)- 「アスペクト比を自動調整」操作の

5.操作不良時の対応

クロップ内の「右」と「下」部分が灰色になって変更出来ない時が有ります。その場合は「上下を連動」または「左右を連動」をオン/オフすると操作可能な状態に戻ります。

Media Recode – トリミング(クロップ)操作


  ▲目次へ戻る

9. 「リストに追加」

トリミング(クロップ)操作は以上です。画面上部にある「リストに追加」ボタンをクリックします。

「リストに追加」 とは一連の設定した内容を処理一覧に登録する事です。

XMedia Recode – 「リストに追加」

「リスト」タブをクリックすると登録された事が確認できます。

XMedia Recode – 「リストに追加」

 

10. 「エンコード」

「エンコード」ボタンをクリックして、トリミング(クロップ)しながらMP4への変換を開始します。

ココの「エンコード」は「処理を開始する」の意味です。

XMedia Recode – 「エンコード」

以下の処理中画面が表示されます。しばらく待ちます。

XMedia Recode – エンコード 中

以下が表示されたら完了です。「OK」ボタンをクリックします。

XMedia Recode – 完了のお知らせ

 

11.変換後の動画の確認

XMedia Recode 画面右下の「開く…」ボタンをクリックします。変換後のファイルが有るフォルダがエクスプローラーで表示されます。

XMedia Recode – 開く

最後に変換後の動画ファイルを動画プレイヤー等で再生して確認します。

以上でトリミング(クロップ)操作は完了しました。

XMedia Recode – トリミング前と後


  ▲目次へ戻る

設定を保存

処理が正しく出来たことが確認できたら、 ココまでの設定内容を保存しましょう。メニューから「ファイル」 -> 「設定を保存」を選択します。

XMedia Recode – メニュー「 設定を保存」

後で判断しやすいファイル名を付けて保存しましょう。

XMedia Recode – 「 設定を保存」 後のファイル

次回の作業時にこの設定ファイルを開いて使います。是非この作業は行ってください。


  ▲目次へ戻る

INIファイルのバックアップ

環境設定も変更していたら、以下のフォルダからXMediaRecode.ini ファイルをバックアップして下さい。

  • C:¥Users¥[ユーザーアカウント名]¥AppData¥Roaming¥XMedia Recode¥

バックアップしたINIファイルは「キーワード+日付」をファイル名に付加しておくと後で判断しやすく便利です。

XMedia Recode – XMediaRecode.ini ファイルのバックアップ

何か問題が出た時にこのINIファイルを戻して、各種の設定を元に戻せます。


  ▲目次へ戻る

備考

  • XMedia Recode の基本操作の手順
    1. 元のファイルを開く
    2. 変換したい形式を指定(又はプロファイル を指定)
    3. リストに追加
    4. エンコード
  • 複数ファイルが一括で変換できますが、最初は1件で行います。複数の一括変換で問題が有るファイルが出た時は、そのファイルのみ個別で変換を行うとうまく出来る場合が有る、と言う情報も有りました。
  • XMedia Recodeは設定項目が多く、間違って変更した後に戻す事を忘れることが多々あります。それを回避するためにINIファイルのバックアップは必要です。


  ▲目次へ戻る

参考にしたサイト

YouTube にはXMedia Recodeに関する動画が沢山登録されています。海外版も検索すれば見れないほどです。英語が分からなくても設定画面を操作しているので、参考になるかもしれません。分からない時は一度は見てみましょう。

TOPへ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントを入れる前に ココココ を先に見てください。
その後は他の方のコメントを参考にしてください。



DVD Flick で問題が解決しない時は以下のソフトをオススメします。
Freemake Video Converter

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください